元気の語源・由来

元気を古くは「減気」と書き、病気の勢いが衰えて快方に向かうことを表した。
近世には「験気」と書き、治療などの効果が現れて気分がよくなることの意味となった。
さらに、活動の源となる力や活力の盛んなさまを意味するようになり、漢字も「元気」になった。
この意味と漢字の変化には、中国で万物生成の根本となる精気を表す「元気」との混同があったと考えられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 野菜と果物の違い

  2. 金字塔の語源・由来

  3. 愚人節の意味・類語・言い換え

  4. 吹雪月の意味・類語・言い換え

  5. 一寸法師の意味・類語・言い換え

  6. 分かれると別れるの違い・使い分け

  7. 盛夏の意味・類語・言い換え

  8. 抹茶の栄養基礎知識

  9. 結構の語源・由来

  10. 棋石の意味・類語・言い換え

  1. 大金持ちの意味・類語・言い換え

  2. 人材不足の意味・類語・言い換え

  3. 胼胝の意味

  4. 小額と少額の違い・使い分け

  5. 裏目に出るの語源・由来

  6. ムースとババロアの違い

  7. パスタの語源・由来

  8. 日本酒と焼酎の違い

  9. 注意報と警報と特別警報の違い

  10. 人手が足りないの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 探求と探究の違い・使い分け

  2. 干支と十二支の違い

  3. 寒いと冷たいの違い・使い分け

  4. 初夏と立夏と孟夏の違い

  5. カフェオレとカフェラテとカプチーノとカフェモカの違い

  6. 留意と注意と用心の違い・使い分け

  7. タイの首都バンコクの正式名称は世界一長い

TOP