篠突く雨の語源・由来

篠突く雨の「篠」とは、細くて群がって生える竹や笹の総称「篠竹」のこと。
「篠突く」は、篠竹を束ねて突き下ろすように、細かいものが集まって飛んでくるさまをいう。
激しく降る大雨は、篠竹を束ねたものが落ちてくるような光景となることから、雨の激しく降るさまを「篠突く雨」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 唐変木の意味・類語・言い換え

  2. 貴石の意味・類語・言い換え

  3. 白羽の矢が立つの語源・由来

  4. 取らぬ狸の皮算用の意味・類語・言い換え

  5. ギフトの意味・類語・言い換え

  6. ブリの栄養基礎知識

  7. 「交代」と「交替」の違い

  8. トパーズの語源・由来

  9. 脚立の語源・由来

  10. サバを読むの語源・由来

  1. バナナの意味・別名・類語

  2. 豚バラ肉の栄養基礎知識

  3. ハリケーンの語源・由来

  4. 甚平の語源・由来

  5. 「卵」と「玉子」の違い

  6. ペテン師(ペテン)の語源・由来

  7. 泡を食うの語源・由来

  8. 「ベランダ」「バルコニー」「テラス」の違い

  9. しゃぶしゃぶの意味・別名・類語

  10. レンギョウの語源・由来

人気記事

  1. 下関市の語源・由来

  2. 北九州市の語源・由来

  3. 志摩市の語源・由来

  4. キャンドルの語源・由来

  5. レトロの語源・由来

  6. かわりばんこの語源・由来

  7. たけのこの栄養基礎知識

TOP