病膏肓に入るの語源・由来

病膏肓に入るの「膏」は心臓の下部、「肓」は横隔膜の上部のことで、体の奥深いところにある。
そのようなところに病気が入り込むと治療が困難になることから、治療しようもないほど病気がひどくなる状態を「病膏肓に入る」と言うようになり、何かに熱中して抜け出せられないほどになるたとえにも用いられるようになった。
出典は中国の『春秋左氏伝』で、晋の景公が病気になり、秦から名医を呼んだ際、夢の中で病気の精が二人の子供となって「名医が来るから膏の下と肓の上に隠れよう」と言ったという故事に基づく。
「膏肓」を「膏盲」と書き誤ったり、「こうもう」と誤読しやすいので注意が必要である。
また、「病膏肓に入る」の句では、「入る」を「はいる」と読まない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ライチの栄養基礎知識

  2. オーラの語源・由来

  3. イチョウの語源・由来

  4. 皮切りの語源・由来

  5. いたいけの語源・由来

  6. 杉の種類

  7. 肉薄の語源・由来

  8. 京都府の市区町村名一覧

  9. たらいの語源・由来

  10. ステマの語源・由来

  1. 急がば回れの語源・由来

  2. 土産の語源・由来

  3. 牛タンの栄養基礎知識

  4. 戸籍謄本と戸籍抄本の違い

  5. トルコ石の語源・由来

  6. ラズベリーの語源・由来

  7. 東京都港区の語源・由来

  8. 検討と見当の違い・使い分け

  9. つみれの意味・類語・言い換え

  10. カイツブリの語源・由来

人気記事

  1. 聖歌と讃美歌の違い

  2. 伺うと窺うの違い・使い分け

  3. 利子と利息と金利の違い

  4. 一時雨と時々雨とのち雨と所により雨の違い

  5. 軟水と硬水の違い

  6. 指示と指図と指導の違い

  7. 二期作と二毛作の違い

TOP