勘定の語源・由来

勘定の「勘」は「考える」、「定」は「決める」の意味。
漢語では、「いろいろ考え合わせたあげくの結論」の意味で「勘定」が使われていた。
古くは日本でも同様の意味で用いられたが、平安時代から物や金銭を数える意味が生じ、江戸時代に代金や見積りの意味でも「勘定」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「利率」と「利回り」の違い

  2. 台風の「大型」「超大型」「強い」「非常に強い」「猛烈な」の違い

  3. アヒルの種類

  4. 首ったけの意味・類語・言い換え

  5. 指切りげんまんの語源・由来

  6. デザートの意味・類語・言い換え

  7. 矜持の意味・類語・言い換え

  8. 岩手県の意味・シンボル

  9. 芋を洗うようの語源・由来

  10. 儲かるの意味・類語・言い換え

  1. 富山県の語源・由来

  2. スーパーマーケットの意味・別名・類語

  3. 節約の意味・類語・言い換え

  4. 柿の葉茶の栄養基礎知識

  5. 水の語源・由来

  6. キョウチクトウの意味・別名・類語

  7. 初参りの意味・類語・言い換え

  8. 「薬局」「薬店」「ドラッグストア」の違い

  9. 落書きの語源・由来

  10. 四苦八苦の語源・由来

人気記事

  1. 与那国町の語源・由来

  2. 「パフェ」と「サンデー」の違い

  3. 番茶の栄養基礎知識

  4. ザボンの語源・由来

  5. 「進歩」「進捗」「進度」の違い

  6. 出歯亀の語源・由来

  7. ムクゲの語源・由来

TOP