勘定の語源・由来

勘定の「勘」は「考える」、「定」は「決める」の意味。
漢語では、「いろいろ考え合わせたあげくの結論」の意味で「勘定」が使われていた。
古くは日本でも同様の意味で用いられたが、平安時代から物や金銭を数える意味が生じ、江戸時代に代金や見積りの意味でも「勘定」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 夕顔の語源・由来

  2. 喉仏の語源・由来

  3. 八朔の語源・由来

  4. あんころの意味・類語・言い換え

  5. ツバメ科の種類

  6. 奢るの意味・類語・言い換え

  7. 雰囲気の意味・類語・言い換え

  8. 申(申年)の語源・由来

  9. いにしえの語源・由来

  10. トランプの語源・由来

  1. くす玉の意味・類語・言い換え

  2. 食事の意味・類語・言い換え

  3. ナナカマドの語源・由来

  4. 就活の意味・類語・言い換え

  5. 小倉あんの語源・由来

  6. あすの意味・類語・言い換え

  7. 赤の語源・由来

  8. 京都市の語源・由来

  9. 色をなすの意味・類語・言い換え

  10. 令辰の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い

  2. きざはしの語源・由来

  3. 総領の甚六の語源・由来

  4. 番茶の栄養基礎知識

  5. 極楽とんぼの語源・由来

  6. 茅野市の語源・由来

  7. 名前の語源・由来

TOP