勘定の語源・由来

勘定の「勘」は「考える」、「定」は「決める」の意味。
漢語では、「いろいろ考え合わせたあげくの結論」の意味で「勘定」が使われていた。
古くは日本でも同様の意味で用いられたが、平安時代から物や金銭を数える意味が生じ、江戸時代に代金や見積りの意味でも「勘定」が使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 兎に角の語源・由来

  2. あぶく銭の語源・由来

  3. 幕内の語源・由来

  4. コラムの語源・由来

  5. ダイヤモンドの語源・由来

  6. ロマン(ロマンス)の語源・由来

  7. クジラの語源・由来

  8. たなごころの語源・由来

  9. ボラの語源・由来

  10. 横領の語源・由来

  1. ティーツリーの語源・由来

  2. 初めと始めの違い・使い分け

  3. ブルーチーズの栄養基礎知識

  4. 問題と課題の違い

  5. 頷くの語源・由来

  6. 番茶の語源・由来

  7. 足元を見るの語源・由来

  8. あなごの栄養基礎知識

  9. 嘘八百の語源・由来

  10. 日の旗の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 明くと開くと空くの違い・使い分け

  2. レンコンに穴があいている理由と穴の数

  3. 両国国技館の住所はなぜ「横綱」ではなく「横網」なのか

  4. 欲張りと貪欲と強欲の違い

  5. 着物と浴衣の違い

  6. 適量と適宜の違い

  7. 花と華の違い・使い分け

TOP