弘法にも筆の誤りの語源・由来

弘法とは嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安時代の三筆の一人に数えられる弘法大師(空海)のこと。
その弘法が天皇の命を受け、平安京の應天門(応天門)の扁額を書いたが、「應」の字の「心」の一番上の点をひとつ書き落とした。
そこから、弘法のような書の名人でさえ書き損じることもあるものだと、失敗した際の慰めとして、「弘法にも筆の誤り」と使われるようになった。
ただし、弘法は書き損じた額を下ろさず、筆を投げつけて見事に点を書いていることから、本来この句には、「弘法のような書の名人は直し方も常人とは違う」といった称賛の意味も含まれている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. タメ口の意味・類語・言い換え

  2. 銭の語源・由来

  3. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  4. 「真夏」「盛夏」「盛暑」の違い

  5. あにはからんやの語源・由来

  6. バッタもんの語源・由来

  7. 段ボールの語源・由来

  8. センマイの語源・由来

  9. 静岡県の市区町名一覧

  10. おけら参りの意味・類語・言い換え

  1. 「狼」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. ケレン味の語源・由来

  3. 「レンタル」「リース」「ローン」の違い

  4. 奢るの意味・類語・言い換え

  5. 挙げ句の果ての語源・由来

  6. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」の違い

  7. ニラの意味・別名・類語

  8. 柿の種類

  9. ひょうきんの語源・由来

  10. 真似の語源・由来

人気記事

  1. まぶたの語源・由来

  2. 猫車の語源・由来

  3. グッドバイの語源・由来

  4. 「おざなり」と「なおざり」の違い

  5. タングステンの語源・由来

  6. 情けは人の為ならずの語源・由来

  7. うさぎ小屋の語源・由来

TOP