弘法にも筆の誤りの語源・由来

弘法とは嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安時代の三筆の一人に数えられる弘法大師(空海)のこと。
その弘法が天皇の命を受けて応天門の額を書いたが、「応」の字の「心」の一番上の点をひとつ書き落とした。
そこから、弘法のような書の名人でさえ書き損じることもあるものだと、失敗した際の慰めとして、「弘法にも筆の誤り」と使われるようになった。
ただし、弘法は書き損じた額を下ろさず、筆を投げつけて見事に点を書いていることから、本来この句には、「弘法のような書の名人は直し方も常人とは違う」といった称賛の意味も含まれている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 亀裂の語源・由来

  2. いじめの意味・類語・言い換え

  3. 薩摩守の語源・由来

  4. 元の木阿弥の語源・由来

  5. 世知辛いの語源・由来

  6. ジーンズの意味・類語・言い換え

  7. 「元日」「元旦」「正月」の違い

  8. サインの語源・由来

  9. 血税の語源・由来

  10. ロマンの意味・類語・言い換え

  1. トパーズの語源・由来

  2. 「午前12時」と「午後0時」の違い

  3. 給与の意味・類語・言い換え

  4. ビワの語源・由来

  5. 尾籠の語源・由来

  6. 阿南市の意味・シンボル

  7. 洗いの意味・類語・言い換え

  8. 「セメント」「コンクリート」「モルタル」「アスファルト」の違い

  9. ゆり根の栄養基礎知識

  10. ナマズの語源・由来

人気記事

  1. 大安の語源・由来

  2. へっぴり腰の語源・由来

  3. 「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の違い

  4. 硫黄の語源・由来

  5. かわやの語源・由来

  6. 「明く」「開く」「空く」の違い

  7. スイカの語源・由来

TOP