弘法にも筆の誤りの語源・由来

弘法とは嵯峨天皇、橘逸勢と共に平安時代の三筆の一人に数えられる弘法大師(空海)のこと。
その弘法が天皇の命を受けて応天門の額を書いたが、「応」の字の「心」の一番上の点をひとつ書き落とした。
そこから、弘法のような書の名人でさえ書き損じることもあるものだと、失敗した際の慰めとして、「弘法にも筆の誤り」と使われるようになった。
ただし、弘法は書き損じた額を下ろさず、筆を投げつけて見事に点を書いていることから、本来この句には、「弘法のような書の名人は直し方も常人とは違う」といった称賛の意味も含まれている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ラッキーセブンの語源・由来

  2. 模造紙の語源・由来

  3. せんべいとあられとおかきの違い

  4. 奥ゆかしいの語源・由来

  5. 予言と預言の違い

  6. クッキー(菓子)の語源・由来

  7. 痣の語源・由来

  8. HIVとエイズの違い

  9. 時の語源・由来

  10. ボストンバッグの語源・由来

  1. 固唾を呑むの意味・類語・言い換え

  2. 楽屋の意味・類語・言い換え

  3. ぐうたらの語源・由来

  4. タルタルソースの語源・由来

  5. お年玉の語源・由来

  6. 暮れなずむの語源・由来

  7. スバシリの意味・別名・類語

  8. サルナシの語源・由来

  9. 降雪と積雪と着雪の違い

  10. 愛媛県の語源・由来

人気記事

  1. 邦人と日本人の違いの違い・使い分け

  2. ハイブリッドカーとエコカーの違い

  3. 三毛猫のオスが少ない理由

  4. OCRとOMRの違い

  5. 真夏と盛夏と盛暑の違い

  6. カレーうどんとカレー南蛮の違い

  7. 緑茶と紅茶と烏龍茶の違い

TOP