唯々諾々の語源・由来

唯々諾々の「唯」には「ただ」「ひたすら」という意味のほか、即座に「はい」と返事をする意味があり、「唯々」で「はいはい」とすぐさまに返事をすることを表す。
「諾」は引き受けることを意味し、「諾々」で「かしこまりました」と承知することを表す。
この二つが合わさった「唯々諾々」は「はいはいかしこまりました」で、少しも逆らわずに他人の言いなりになるさまの意味となる。
中国の『韓非子』に「此れ人主、未だ命ぜずして唯唯、未だ使わずして諾諾」の例が見られる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 日めくりカレンダーの意味・別名・類語

  2. 「スパークリングワイン」「シャンパン」「シャンメリー」の違い

  3. 杉の意味・類語・言い換え

  4. 肴(さかな)の意味・類語・言い換え

  5. 「飛ぶ」「跳ぶ」「翔ぶ」の違い

  6. 顔役の語源・由来

  7. 「自白」と「自供」の違い

  8. ドルの語源・由来

  9. 「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」の違い

  10. 邦暦の意味・類語・言い換え

  1. ゆうべの語源・由来

  2. 古いの語源・由来

  3. アマゴの語源・由来

  4. 氏の語源・由来

  5. 嫌味の語源・由来

  6. 静岡県の意味・シンボル

  7. イノセントの意味・類語・言い換え

  8. 足立区の意味・シンボル

  9. 土用の丑の日の語源・由来

  10. 「煩わしい」「面倒」「厄介」の違い

人気記事

  1. ドリアの語源・由来

  2. 血税の語源・由来

  3. 首っ引きの語源・由来

  4. 三和土の語源・由来

  5. 夜なべの語源・由来

  6. 「HIV」と「エイズ」の違い

  7. 小賢しいの語源・由来

TOP