オレンジの語源・由来

オレンジは、英語「orange」からの外来語。
「orange」は「香り高い」を意味するインド南部のドラヴィダ語「naru」に由来し、サンスクリット語に入って「narangah」となり、「みかん」を意味するようになった。
その後、ペルシア語、アラビア語を経て、スペイン語で「naranja」となった。
「naranja」がフランスのプロヴァンス語に入ると、その果実の色から、ラテン語で「黄金」を意味する「au-」が付されて「auranja」となり、「au-」がフランス語で「金」を意味する「ou-」に置き換えられて「orenge」に変化し、「orange」となった。
これらの変化を総合すると、オレンジの語源は「香り高い黄金の果実」といえる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おいしいの語源・由来

  2. 思うと想うの違い・使い分け

  3. けがの語源・由来

  4. 鍋の語源・由来

  5. 李下に冠を正さずの語源・由来

  6. うずらの語源・由来

  7. 俳句と川柳の違い

  8. クコの実の栄養基礎知識

  9. 奈良県の語源・由来

  10. 終局の語源・由来

  1. おまるの語源・由来

  2. ひつまぶしの語源・由来

  3. 男の語源・由来

  4. 紅茶の栄養基礎知識

  5. 遺伝子とDNAとゲノムの違い

  6. 麻婆豆腐の語源・由来

  7. 富山県の市町村名一覧

  8. 南京豆の語源・由来

  9. 愛くるしいの語源・由来

  10. 戌年の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「臭い」という漢字の由来

  2. 成長と生長の違い・使い分け

  3. 幼稚園と保育園と保育所と託児所の違い

  4. Q&AとFAQの違い・使い分け

  5. シミュレーションとシュミレーションの違い

  6. ストレートパーマと縮毛矯正の違い

  7. 目と眼の違い・使い分け

TOP