オレンジの語源・由来

オレンジは、英語「orange」からの外来語。
「orange」は「香り高い」を意味するインド南部のドラヴィダ語「naru」に由来し、サンスクリット語に入って「narangah」となり、「みかん」を意味するようになった。
その後、ペルシア語、アラビア語を経て、スペイン語で「naranja」となった。
「naranja」がフランスのプロヴァンス語に入ると、その果実の色から、ラテン語で「黄金」を意味する「au-」が付されて「auranja」となり、「au-」がフランス語で「金」を意味する「ou-」に置き換えられて「orenge」に変化し、「orange」となった。
これらの変化を総合すると、オレンジの語源は「香り高い黄金の果実」といえる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「長い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  2. ブロッコリーの語源・由来

  3. 冥加の語源・由来

  4. 弁慶の泣き所の語源・由来

  5. 冷たいの語源・由来

  6. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  7. ブリの栄養基礎知識

  8. インタビューの語源・由来

  9. 一期一会の語源・由来

  10. 「実」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  1. 卒寿の語源・由来

  2. トリカブトの意味・別名・類語

  3. 奈良県の意味・シンボル

  4. 「退社」と「退勤」の違い

  5. あすの語源・由来

  6. 濡れ手で粟の語源・由来

  7. フラミンゴの意味・別名・類語

  8. 立ち往生の意味・類語・言い換え

  9. 「越える」と「超える」の違い

  10. 相撲の語源・由来

人気記事

  1. 「伏線」と「布石」の違い

  2. 「コラム」と「エッセイ」の違い

  3. ハウンドの語源・由来

  4. セントバーナードの語源・由来

  5. 守口市の語源・由来

  6. ビールの語源・由来

  7. 「効く」と「利く」の違い

TOP