資本の語源・由来

資本は中国後漢の語学書『釈名』にある言葉だが、日本での使用は、江戸後期の農政学者佐藤信淵が著した経世書『経済要録』に「大金の資本」とあるのが古い。
この語が広く使われるようになるのは、英語「capital」の訳語として用いられるようになった明治以降のことで、当初は「財本」の漢字が当てられていた。

出典:語源由来辞典

TOP