石に針の語源・由来

石に針を刺しても何も効果がないことから、効き目のないことのたとえとなった。
同様の句に「石に灸」があることから、「はり」は治療で使う「鍼」のことで、石のような硬いものに鍼を刺しても、効果がないところからきたものと思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 篠突く雨の語源・由来

  2. 「広報」「公報」「弘報」の違い

  3. 以降の意味・類語・言い換え

  4. 食べるの意味・類語・言い換え

  5. うだつが上がらないの意味・類語・言い換え

  6. カステラの語源・由来

  7. 青森市の語源・由来

  8. ソムリエの語源・由来

  9. 阿婆擦れの語源・由来

  10. 猪口才の語源・由来

  1. がさつの語源・由来

  2. 進歩の意味・類語・言い換え

  3. 「伺う」と「窺う」の違い

  4. おくびにも出さないの語源・由来

  5. おもての語源・由来

  6. とんずらの意味・類語・言い換え

  7. しょぼいの語源・由来

  8. ト書きの語源・由来

  9. 食指が動くの語源・由来

  10. 可愛いの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 鹿児島県の語源・由来

  2. 戒めるの語源・由来

  3. 「二期作」と「二毛作」の違い

  4. しぐれの語源・由来

  5. 座敷の語源・由来

  6. ノルディックスキーの語源・由来

  7. 「5円玉の穴」と「50円玉の穴」の違い

TOP