痣の語源・由来

あざは「あざやか(鮮やか)」と同源。
古くは「際立っていることもの」や「どぎついもの」を「あざ」、「はっきりしていること」「鮮やかであること」を「アザアザ(鮮鮮)」といった。
現代では皮膚が変色した部分を「あざ」と言うが、昔は「ほくろ」「こぶ」「いぼ」など、皮膚にできるものの総称として「あざ」が用いられた。

「あざ」の漢字「痣」は、病垂れに「志(誌)」と書く。
「志」は「しるし」の意味で、「痣」は皮膚にしるしを残すほくろを表し、「ほくろ」の漢字に「痣」が用いられることもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. もったいないの語源・由来

  2. 八百屋の語源・由来

  3. ゴミの意味・類語・言い換え

  4. 夏枯草の語源・由来

  5. 「団扇(うちわ)」と「扇子(せんす)」の違い

  6. 大田区の語源・由来

  7. リウマチの意味・別名・類語

  8. キャラクターの語源・由来

  9. ヒイラギの語源・由来

  10. 五右衛門風呂の意味・類語・言い換え

  1. アケビの栄養基礎知識

  2. 報酬の意味・類語・言い換え

  3. 老人保健福祉週間の意味・類語・言い換え

  4. 下呂市の語源・由来

  5. 埴輪の意味・別名・類語

  6. 熊の意味・別名・類語

  7. ラズベリーの語源・由来

  8. ホタルの種類

  9. てっさの意味・類語・言い換え

  10. 相棒の語源・由来

人気記事

  1. お造りの語源・由来

  2. 月とすっぽんの語源・由来

  3. バンガローの語源・由来

  4. 大根の栄養基礎知識

  5. アカメヤナギの語源・由来

  6. しまったの語源・由来

  7. 高槻市の語源・由来

TOP