硯の語源・由来

すずりは、「墨磨り(すみすり・すみずり)」の略と考えられている。
漢字の「硯」は、呉音・漢音ともに「ゲン」、慣用音では「ケン」で、「石」+音符「見」からなる形声文字。
「見」の原義とは関係なく、「研」と同系の文字である。
奈良時代や平安時代のすずりは陶磁製が多かったが、平安時代中頃から中国の流行に伴なって、石のすずりが作られるようになった。
中国で硯は、筆・墨・紙とともに文房四宝のひとつとされる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. けんもほろろの意味・類語・言い換え

  2. 渋谷区の意味・シンボル

  3. 大福の意味・別名・類語

  4. コラムの語源・由来

  5. あずまやの意味・類語・言い換え

  6. ケヤキの語源・由来

  7. 水取り雨の語源・由来

  8. ぶっきらぼうの語源・由来

  9. 八丁味噌の語源・由来

  10. はんこの意味・類語・言い換え

  1. キジの語源・由来

  2. 臍を噛むの語源・由来

  3. ペンギンが空を飛べない理由

  4. 「猿」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 北方町の意味・シンボル

  6. 「森」と「杜」の違い

  7. 皮(革)の語源・由来

  8. ストロベリーの語源・由来

  9. 奥ゆかしいの語源・由来

  10. レンゲの語源・由来

人気記事

  1. 「ズワイガニ」「松葉ガニ」「越前ガニ」の違い

  2. ずるいの語源・由来

  3. シャッポを脱ぐの語源・由来

  4. 村八分の語源・由来

  5. 「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」の違い

  6. 潮吹きの語源・由来

  7. 箱入り娘の語源・由来

TOP