あがり(お茶)の語源・由来

あがりは「上がり花(あがりばな)」の略で、元は遊郭の言葉。
「お茶を挽く(お茶挽き)」という言葉は、客のつかいない遊女や芸者が暇を持て余していることを意味するため、遊郭では「お茶」を忌み嫌う。
そのため、「客があがる」という縁起を担いで、「お茶」を「あがり」と言うようになった。
あがり花の「花」は「最初」のこと。
「出たばかり」という意味の「出端」と「花」を掛けた、「出花(でばな)」と同様である。
最初のお茶を「出花」、最後に出すお茶を「あがり花」と言っていたとする説があるが、「出花」も「あがり花」も最初に出すお茶のことで、あがりの意味が変わった訳ではない。
この説は、すごろくなどで「ゴール」を表す「あがり」と同義と捉えたことから、「あがり花」を最後と勘違いされたものであろう。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 万引きの語源・由来

  2. 「傷」と「怪我」の違い

  3. 暮れなずむの意味・類語・言い換え

  4. 桎梏の意味・類語・言い換え

  5. 真剣の語源・由来

  6. セージの語源・由来

  7. 鹿児島市の意味・シンボル

  8. 合羽の意味・別名・類語

  9. やるせないの意味・類語・言い換え

  10. 五月雨の意味・類語・言い換え

  1. 灰汁の語源・由来

  2. びた一文の語源・由来

  3. あざなの語源・由来

  4. バラの意味・別名・類語

  5. ホルモンの種類

  6. 一姫二太郎の語源・由来

  7. 貴社の意味・類語・言い換え

  8. 手形の語源・由来

  9. 狐の嫁入りの語源・由来

  10. 殷鑑遠からずの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 臥薪嘗胆の語源・由来

  2. 網走市の語源・由来

  3. メンチカツの語源・由来

  4. 「蝶(チョウ)」と「蛾(ガ)」の違い

  5. ハリセンの語源・由来

  6. 背中(背)の語源・由来

  7. 「若干」と「弱冠」の違い

TOP