トロの語源・由来

トロは脂肪分を多く含み、食べると舌の上でトロッとしたとろけるような感触があることから、こう呼ばれるようになった。
この部位が「トロ」と呼ばれ始めたのは大正時代で、それ以前は「脂身」なので「アブ」と呼ばれていた。
江戸時代には赤身が上等な部位と考えられていたため、トロが好んで食べられるようになったのは、大正末以降のことである。
特に、トロが注目されるようになったのは、保存や輸送の技術が向上し、食の欧米化が進んで脂分の多い食べ物が好まれるようになった戦後からある。
「トロ」は本来、マグロの部位を指す呼称であるが、豚肉の「豚トロ」や鮭の「とろサーモン」など、脂の乗った肉(身)を表す語としても用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スパルタ教育の語源・由来

  2. ずんだ餅の語源・由来

  3. 飲み会の意味・類語・言い換え

  4. タコの意味

  5. 初夢の意味・類語・言い換え

  6. ミーハー族の意味・類語・言い換え

  7. くだらないの語源・由来

  8. 昌運の意味・類語・言い換え

  9. 港湾の意味・類語・言い換え

  10. らうめんの意味・別名・類語

  1. 以来の意味・類語・言い換え

  2. 干支の意味・類語・言い換え

  3. 召集と招集の違い・使い分け

  4. 月並みの意味・類語・言い換え

  5. 乙女の語源・由来

  6. 鉢合わせの意味・類語・言い換え

  7. 死の意味・類語・言い換え

  8. 家の語源・由来

  9. 月月の意味・類語・言い換え

  10. 卓球とピンポンの違い

人気記事

  1. 御社と貴社の違い・使い分け

  2. 返ると帰ると還るの違い・使い分け

  3. 温泉と鉱泉の違い

  4. 十分(充分)と存分の違い・使い分け

  5. 効果と効能の違い

  6. 体制と態勢と体勢と大勢の違い・使い分け

  7. 本膳料理と懐石料理と会席料理の違い

TOP