著しいの語源・由来

著しいの本来の語形は「いちしるし」で、江戸時代頃から第三音節が濁音化された「いちじるし」の形が多く見られるようになった。
著しいの「いち」は、「いとうつくし」「いとおいし」の「いと」や、「いたく(甚く)感銘した」の「いたく」と同源で、程度が激しいことを表す「いち(甚)」。
著しいの「しるし(じるし)」は、物事が明白であるさまを表す「しるし(著し)」である。
上代には「いちしろし」の形も見られるが、「いちしるし」の母音交替と考えるのが一般的である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 唐辛子の語源・由来

  2. 「クーデター」「革命」「反乱」「内乱」の違い

  3. 富山市の意味・シンボル

  4. 「新しい」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  5. 降って湧くの語源・由来

  6. 「ヒラメ」と「カレイ」の違い

  7. ボージョレヌーボーの解禁日が11月の第3木曜日になった理由

  8. 不届きの語源・由来

  9. 「ムース」と「ババロア」の違い

  10. あきんどの語源・由来

  1. 福矢の意味・別名・類語

  2. 差し金の語源・由来

  3. ポンコツの語源・由来

  4. ロブスターの語源・由来

  5. 不可能の意味・類語・言い換え

  6. 霹靂の意味・類語・言い換え

  7. でたらめの語源・由来

  8. 止水の意味

  9. 「漫画」「アニメ」「アニメーション」の違い

  10. 及ばぬ鯉の滝登りの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. スペアリブの語源・由来

  2. 天衣無縫の語源・由来

  3. 立川市の語源・由来

  4. 愛媛県の語源・由来

  5. ドルの語源・由来

  6. 猪肉の栄養基礎知識

  7. 「下着」「肌着」「ランジェリー」の違い

TOP