著しいの語源・由来

著しいの本来の語形は「いちしるし」で、江戸時代頃から第三音節が濁音化された「いちじるし」の形が多く見られるようになった。
著しいの「いち」は、「いとうつくし」「いとおいし」の「いと」や、「いたく(甚く)感銘した」の「いたく」と同源で、程度が激しいことを表す「いち(甚)」。
著しいの「しるし(じるし)」は、物事が明白であるさまを表す「しるし(著し)」である。
上代には「いちしろし」の形も見られるが、「いちしるし」の母音交替と考えるのが一般的である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 土産の語源・由来

  2. 膝の語源・由来

  3. 「やきとり」と「焼き鳥」の違い

  4. 刺身のつまの語源・由来

  5. 堪能の意味・類語・言い換え

  6. 辻褄の語源・由来

  7. 持丸の意味・類語・言い換え

  8. 11月の意味・異名・類語

  9. 爪弾きの語源・由来

  10. ブロマンスの語源・由来

  1. K点の意味・類語・関連語

  2. バジルの意味・別名・類語

  3. 辰(辰年)の語源・由来

  4. 餞の意味・類語・言い換え

  5. チャリの意味・別名・類語

  6. 風呂の語源・由来

  7. グロテスクの語源・由来

  8. 温州みかんの意味・別名・類語

  9. 「兎」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 爪楊枝の語源・由来

人気記事

  1. ハンバーグの語源・由来

  2. 箱入り娘の語源・由来

  3. 天王山の語源・由来

  4. インディーズの語源・由来

  5. テンペラの語源・由来

  6. 床屋の語源・由来

  7. ドラ息子の語源・由来

TOP