腕の語源・由来

古くは、肘から手首までを「うで」、肩から肘までを「かいな」と区別していた。
この位置からすると手(手のひら)の上にあたるので、腕の語源は「うて(上手)」の意味であろう。
『和名抄』や『名義抄』には「太々無岐」「タダムギ」とあり、古くは「タダムギ」とも呼んでいたようである。

漢字の「腕」は、中国で主に手首の付け根を指す字である。
「宛」は屋根の下に二人の人が丸く屈むさまを表しており、肉月に「宛」の「腕」で丸く曲がる手首を表している。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 猫も杓子もの語源・由来

  2. 道具の意味・類語・言い換え

  3. 那覇市の語源・由来

  4. リスの意味・別名・類語

  5. 杞憂の語源・由来

  6. 井戸の意味・類語・言い換え

  7. 「テロ」「ゲリラ」「クーデター」の違い

  8. バザールの意味・類語・言い換え

  9. ワイシャツの語源・由来

  10. 脚色の語源・由来

  1. マグロの意味・別名・類語

  2. ブロマンスの語源・由来

  3. 水商売の語源・由来

  4. 笑止の意味・類語・言い換え

  5. ズベ公の意味・類語・言い換え

  6. 天運の意味・類語・言い換え

  7. がめついの語源・由来

  8. 鍾乳洞の意味・類語・言い換え

  9. 不甲斐ないの意味・類語・言い換え

  10. 切羽詰まるの語源・由来

人気記事

  1. 「適量」と「適宜」の違い

  2. 縄の語源・由来

  3. 鬼の霍乱の語源・由来

  4. 戦う(闘う)の語源・由来

  5. エゴマの語源・由来

  6. 進退窮まるの語源・由来

  7. 「卓球」と「ピンポン」の違い

TOP