懇ろの語源・由来

懇ろは、上代には「ねもころ」と言い、「ねもころ」が変化して「ねむころ」となり、更に「ねんごろ」へと変化した。
「ねもころ」の語構成は、「ね(根)」+「もころ(如)」か、「ね(根)」+「も(助詞)」+「ころ(凝)」と考えられている。
共に「根の如く密に絡み合う」といった意味になるが、前者は「根の如く」、後者は「密に絡み合う」が重点となっており、懇ろの意味からすれば、後者の「根も凝」が妥当であろう。
また、「ころ(凝)」が「心」の語源と考えられている点でも、懇ろの語源は「根も凝」と考えられる。
懇ろは心をこめて思うさまを示す語であったが、転じて、親しいさまも表すようになり、親密になることや、男女が深い仲になることをも言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. おとなしいの語源・由来

  2. かっぱ巻きの意味・別名・類語

  3. 禍福は糾える縄の如しの意味・類語・言い換え

  4. 楽しいの語源・由来

  5. カリフラワーの語源・由来

  6. 花残り月の意味・異名・類語

  7. スイカの品種

  8. 窺うの意味・類語・言い換え

  9. 扁桃腺の語源・由来

  10. 梵天耳かきの「梵天」の由来

  1. Mayの意味・異名・類語

  2. サービスエリアとパーキングエリアの違い

  3. チョークの意味・別名・類語

  4. サルビアの種類

  5. ドリアの語源・由来

  6. 例月の意味・類語・言い換え

  7. 起業家の意味・類語・言い換え

  8. 持丸の意味・類語・言い換え

  9. つぶ貝の栄養基礎知識

  10. お猪口の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 懐古と回顧の違い・使い分け

  2. 登山とトレッキングとハイキングの違い

  3. 最近と近頃とこの頃と昨今の違い・使い分け

  4. モツとホルモンの違い

  5. BSとCSの違い

  6. お酒の適量とはどのくらいの量のことか

  7. 保証人と連帯保証人の違い

TOP