なますの語源・由来

なますは、『日本書紀』や『万葉集』に「膾」の表記で見られ、生肉を細かく刻んだものを指した。
生肉は「なま(生)」+「しし(肉)」で「なましし」と言っていたため、「なましし(生肉)」が転じて「なます」になったと考えられる。
「なま(生)」+「すく(剥く)」の意味とも考えられるが、「生」に付く語という点から見て、「剥く」よりも「肉」の方が良いであろう。
調味した酢にあえることから、なますは「なま(生)」+「す(酢)」とも言われるが、なますに酢が用いられるようになったのは室町時代以降なので、「生酢」の意味ではない。
野菜や果物だけで作ったものは「精進なます」と呼ばれる。
精進なますは、魚介類を入れないことや、本来の漢字が「膾」であることから、漢字では「精進膾」と表記される。
漢字の「膾」は、肉を細かく刻んであわせた刺身を表す字なので「月(肉月)」が用いられている。
その後、魚肉を使うようになり、魚偏の「鱠」が用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 牡丹の語源・由来

  2. 蕎麦の栄養基礎知識

  3. 自分の語源・由来

  4. 鏡開きの語源・由来

  5. 青二才の語源・由来

  6. 褒めると誉めるの違い・使い分け

  7. うさぎ小屋の語源・由来

  8. 大阪府の市区町村名一覧

  9. 大福の種類

  10. そんじょそこらの語源・由来

  1. カボチャとパンプキンの違い

  2. あどけないの意味・類語・言い換え

  3. 鳥取県の語源・由来

  4. 面白いの語源・由来

  5. 和歌山県の語源・由来

  6. カタツムリの意味・別名・類語

  7. 新潟県の語源・由来

  8. 精算と清算の違い・使い分け

  9. 葛藤の意味・類語・言い換え

  10. 鶏卵の種類

人気記事

  1. 恋と愛の違い

  2. 一生懸命と一所懸命の違い

  3. 二期作と二毛作の違い

  4. 方言と訛りの違い

  5. 煎茶と玉露と抹茶と番茶とほうじ茶と玄米茶の違い

  6. 遺跡と史跡の違い

  7. マンションとアパートの違い

TOP