孫の手の語源・由来

孫の手は、「麻姑(まこ)の手」が変化した語。
麻姑とは、鳥のように長い爪をもつ、中国の伝説上の仙女である。
麻姑の爪で痒いところを掻いてもらったならば、非常に気持ち良いだろうということで、背中を掻く棒を「麻姑の手」と呼ぶようになった。
この「麻姑の手」は、現在の「孫の手」のように小さく丸みを帯びたものではなく、爪は長く大きなものであった。
それが1500年頃に日本へ伝わり、現在の孫の手の形に少しずつ変化していった。
「まこ」の音と小さな手の形から「孫」が連想され、「孫の手」と呼ぶようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 破魔矢の語源・由来

  2. ペチュニアの意味・別名・類語

  3. 大八車の語源・由来

  4. かしこの語源・由来

  5. にんじんの栄養基礎知識

  6. たまさかの語源・由来

  7. オトギリソウの意味・別名・類語

  8. 奈良県の意味・シンボル

  9. マニフェストの語源・由来

  10. 死んだ子の年を数えるの意味・類語・言い換え

  1. お酒の適量とはどのくらいの量のことか

  2. 教養の語源・由来

  3. はさみの語源・由来

  4. 宮城県の語源・由来

  5. 烏口の意味・別名・類語

  6. 車の語源・由来

  7. セツブンソウの語源・由来

  8. レシピの語源・由来

  9. ルーキーの意味・類語・言い換え

  10. 「晦日」と「大晦日」の違い

人気記事

  1. ゴミの語源・由来

  2. 「毒薬」「劇薬」「毒物」「劇物」の違い

  3. いびるの語源・由来

  4. 「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

  5. ヒノキの語源・由来

  6. 花柳界の語源・由来

  7. 段ボールの語源・由来

TOP