アマダイの語源・由来

アマダイは「甘みが身上」と言われる魚で、漢字でも「甘鯛」と表記するとおり、「甘みのある魚」が語源である。
「鯛」と付くがタイ科ではなくアマダイ科に属する魚なので、「鯛よりも甘みのある魚」と解釈した方が良いかもしれない。
アマダイの語源には、ほっかぶりした尼のように見えることから、「尼鯛」が転じて「甘鯛」になったとする説がある。
しかし、一般的にアマダイはアカアマダイを指すため、容姿から考えるのであれば色も考慮し、頬っ被りは赤色でなくてはおかしい。
この魚を見て、尼さんが赤色の頬っ被りをした姿を想像出来るか疑問である。

出典:語源由来辞典

TOP