為替の語源・由来

為替は、現金と手形を交替させることから、動詞「かわす(交わす)」の連用形が名詞化された語。
中世には「かわし(かはし)」と言い、江戸時代に「かはせ(かわせ)」と言うようになった。
漢字の「為替」は当て字だが、「かえる(替える)」と「する(為る)」で、文字通り「替えることを行う」意味である。
為替の起源は、鎌倉時代、遠隔地の年貢を取り立てる商人が代行した「かはし(為替)」や「かへせん(替銭)」にあり、銭以外に米などもその対象であった。
現在用いられる為替手形の起源は、江戸時代、商品経済の発展に伴ない、大坂(大阪)を中心に取引が行われるようになったものである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 如月の語源・由来

  2. パンケーキとホットケーキの違い

  3. 琴瑟相和すの語源・由来

  4. ひねるとねじるとよじるの違い・使い分け

  5. まなこの語源・由来

  6. ミルクティーとロイヤルミルクティーとチャイの違い

  7. 精子の数え方

  8. ピーナッツの栄養基礎知識

  9. 材料と原料と原材料と素材と資材の違い

  10. ハイキングとピクニックと遠足の違い

  1. つまらないの語源・由来

  2. おせち料理の意味・別名・類語

  3. 目白押しの語源・由来

  4. 元日の語源・由来

  5. 笑止の意味・類語・言い換え

  6. ブログの語源・由来

  7. デジタルの意味・類語・言い換え

  8. 油を絞るの語源・由来

  9. サイコロの語源・由来

  10. 南の語源・由来

人気記事

  1. 回復と快復の違い・使い分け

  2. 幽霊と妖怪とお化けの違い

  3. アシカとアザラシとセイウチの違い

  4. 雑学と豆知識の違い

  5. 寂しいと淋しいの違い・使い分け

  6. なぜ日本の学校では生徒が掃除をするのか

  7. シロサイとクロサイの違い・見分け方

TOP