マスの語源・由来

マスの語源には、朝鮮方言の「松魚」から「マスノイオ」と言ったとする説。
味が勝っていることから、「勝る」に由来する説
大きいことから「増す」、繁殖力が旺盛なことから「増す」など諸説ある。
定説となっているものはないが、色の赤さや味、大きさや繁殖力などが「増す」に通じるため、「マスノイオ」に「増す」が加味され、「マス」で定着したと考えられる。
マスの漢字「鱒」の「尊」は、「細長い酒壺の形をした」「格好が良い」を表した音符である。

出典:語源由来辞典

TOP