内股膏薬の語源・由来

内股膏薬の「膏薬」は、練って作った外用薬のこと。
股の内側に膏薬を貼ると、右側についたり左側についたりすることから、方針や信念もなく、節操のない人のたとえとして「内股膏薬」と言うようになった。
「内股膏薬」は「うちまたごうやく」とも読む。
内股膏薬の同意句には、「二股膏薬(ふたまたこうやく)」「股座膏薬(またぐらこうやく)」があり、類句には「日和見主義(ひよりみしゅぎ)」がある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ニシンの意味・別名・類語

  2. アキレス腱の語源・由来

  3. プリンの語源・由来

  4. 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

  5. なおざりの語源・由来

  6. かしこの意味・類語・言い換え

  7. 食パンの語源・由来

  8. そばぐりの語源・由来

  9. 油を売るの語源・由来

  10. 傍若無人の意味・類語・言い換え

  1. 山椒の語源・由来

  2. 検討の意味・類語・言い換え

  3. 取らぬ狸の皮算用の意味・類語・言い換え

  4. 多治見市の意味・シンボル

  5. テントの意味・類語・言い換え

  6. アマダイの種類

  7. 「烏」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. カンツォーネの語源・由来

  9. 「雑学」と「豆知識」の違い

  10. 「一人」と「独り」の違い

人気記事

  1. ぼんぼりの語源・由来

  2. マヨネーズの栄養基礎知識

  3. 縁日の語源・由来

  4. 「二期作」と「二毛作」の違い

  5. 「おかゆ」「雑炊」「おじや」「リゾット」の違い

  6. おまじないの語源・由来

  7. マルチーズの語源・由来

TOP