商いの語源・由来

商いの古形は「あきなひ」で、動詞は「あきなふ」。
商人を「あきひと」と言ったことから、「あきなふ」の語構成は「あき」と「なふ」であることがわかる。
「なふ」は「おこなふ(行う)」や「おぎなふ(補う)」などの「なふ」と同じく、動詞をつくる接尾語である。
商いの語源は、農民の間で収穫物や織物などを交換する商業が、秋に行われたことから「秋なふ(秋なう)」から動詞「あきなふ」が生まれ、「あきない」になったとする説が定説となっている。
しかし、物を買い求めたり、何か別のものを代償として手に入れる意味の「購う・贖う(あがう・あがなう)」と同源とも考えられ、商いの語源は「秋」が正しいとは言い切れず、正確な語源は未詳である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ビーフストロガノフの語源・由来

  2. うがいの語源・由来

  3. シャンプーの語源・由来

  4. 「油」「脂」「膏」の違い

  5. エンスーの語源・由来

  6. 一攫万金の意味・類語・言い換え

  7. メリハリの語源・由来

  8. キャベツの意味・別名・類語

  9. いちごの語源・由来

  10. 桔梗の意味・別名・類語

  1. こよりの語源・由来

  2. クラリネットの語源・由来

  3. たけのこの栄養基礎知識

  4. カラオケの語源・由来

  5. 三度笠の語源・由来

  6. 丑年の意味・類語・言い換え

  7. カンパニーの語源・由来

  8. ぞっこんの語源・由来

  9. 韋駄天の語源・由来

  10. ディスカウントの語源・由来

人気記事

  1. 指の語源・由来

  2. 木偶の坊の語源・由来

  3. カルビの語源・由来

  4. たんすの語源・由来

  5. 「大地震」「巨大地震」「超巨大地震」の違い

  6. 甲斐の語源・由来

  7. パッションフルーツの栄養基礎知識

TOP