商いの語源・由来

商いの古形は「あきなひ」で、動詞は「あきなふ」。
商人を「あきひと」と言ったことから、「あきなふ」の語構成は「あき」と「なふ」であることがわかる。
「なふ」は「おこなふ(行う)」や「おぎなふ(補う)」などの「なふ」と同じく、動詞をつくる接尾語である。
商いの語源は、農民の間で収穫物や織物などを交換する商業が、秋に行われたことから「秋なふ(秋なう)」から動詞「あきなふ」が生まれ、「あきない」になったとする説が定説となっている。
しかし、物を買い求めたり、何か別のものを代償として手に入れる意味の「購う・贖う(あがう・あがなう)」と同源とも考えられ、商いの語源は「秋」が正しいとは言い切れず、正確な語源は未詳である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 「出生地(生まれ)」「出身地」「地元」「故郷」の違い

  2. 気構えの意味・類語・言い換え

  3. 乙の語源・由来

  4. 丁寧の語源・由来

  5. 富山県の語源・由来

  6. ローズマリーの意味・別名・類語

  7. ヘアサロンの意味・別名・類語

  8. 「チャーハン」「ピラフ」「焼き飯」の違い

  9. 祝いの語源・由来

  10. オーロラの意味・類語・言い換え

  1. 諏訪市の語源・由来

  2. 埒が明かないの語源・由来

  3. 滋賀県の語源・由来

  4. 廊下の語源・由来

  5. 社畜の意味・類語・言い換え

  6. 顔の語源・由来

  7. 大垣市の語源・由来

  8. 古希の語源・由来

  9. おしゃれの意味・類語・言い換え

  10. お盆の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 長野県の語源・由来

  2. 楽屋の語源・由来

  3. 水を向けるの語源・由来

  4. ばっちりの語源・由来

  5. 「ピーナッツ」「落花生」「南京豆」の違い

  6. 「回り」「周り」「廻り」の違い

  7. たまさかの語源・由来

TOP