呉服の語源・由来

呉服は、古代中国の呉の国から伝来した織り方によって作られた織物のことをいった。
しかし、単に「呉の服」の意味から、「呉服」になったわけではない。
古く、呉服は「くれはとり」と言い、「呉織」とも書かれた。
「くれ」は「呉」の国を意味し、「はとり」は「はたおり(機織り)」の変化した語である。(「服部」を「はっとり」と読むのも、「はたおり」に由来する)
この「呉服(くれはとり)」を音読したのが「ごふく」である。
そのため呉服は「呉の服」と書くが、機織りを指した言葉なので、「服(着物)」ではなく「織物(反物)」のことをいうのである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 窺う(伺う)の語源・由来

  2. 九仞の意味・類語・言い換え

  3. ピエロの語源・由来

  4. 道化(道化師)の語源・由来

  5. 水掛け論の意味・類語・言い換え

  6. 湯たんぽの語源・由来

  7. クミンの語源・由来

  8. 濡れ縁の語源・由来

  9. 全身の意味・類語・言い換え

  10. 朝三暮四の語源・由来

  1. 皮(革)の語源・由来

  2. 獣の語源・由来

  3. 徳島県の語源・由来

  4. 栃木県の意味・シンボル

  5. 朝顔の語源・由来

  6. 奇貨居くべしの意味

  7. 「竹」と「笹」の違い

  8. オクラの語源・由来

  9. 「前」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  10. 鳥居の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 福島県の語源・由来

  2. 紋切り型の語源・由来

  3. ばっちりの語源・由来

  4. 割り下の語源・由来

  5. ワインの語源・由来

  6. 元日の語源・由来

  7. マンゴーの栄養基礎知識

TOP