どら焼きの語源・由来

漢字で「銅鑼焼き」と書くように、どら焼きの「どら」は、その形が金属製打楽器の「ドラ(銅鑼)」に似ていることからである。
ドラの上で焼いたことから、「どら焼き」になったとも言われるが考え難い。
どら焼きは近世に作られたものだが、当初は「金鍔焼き」のことを指し、現在のようなものは大正年間に作られたといわれる。
関西では、どら焼きを奈良の三笠山に見立てて、「三笠」とも呼ばれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. もんじゃ焼きの語源・由来

  2. 誰でも確実で簡単に美人になれる方法

  3. 稲の語源・由来

  4. 豚バラ肉の栄養基礎知識

  5. カタツムリの語源・由来

  6. キザの語源・由来

  7. どんでん返しの語源・由来

  8. テロップの語源・由来

  9. ラーメンの語源・由来

  10. セリの語源・由来

  1. バイトの意味・類語・言い換え

  2. 京都府の市区町村名一覧

  3. いかずちの意味

  4. 埼玉県の市区町村名一覧

  5. 背水の陣の語源・由来

  6. タイフーンの意味・別名・類語

  7. 悲喜こもごもの語源・由来

  8. 取らぬ狸の皮算用の語源・由来

  9. 神父の意味・類語・言い換え

  10. 気象衛星ひまわりとアメダスの違い

人気記事

  1. 煎茶と玉露と抹茶と番茶とほうじ茶と玄米茶の違い

  2. 和牛と国産牛の違い

  3. 怪しいと疑わしいと訝しいといかがわしいの違い

  4. 日本酒と焼酎の違い

  5. セメントとコンクリートとモルタルとアスファルトの違い・使い分け

  6. 文と文章と文書の違い

  7. アーモンドとピーナッツの違い

TOP