カエデの語源・由来

カエデは、葉の形がカエルの手に似ていることから、古くは「カヘルテ(蛙手)」と呼ばれていた。
それが、「カヘンデ」や「カヘデ」となり、「カエデ」になった。
『万葉集』には、カエルの意味で「蝦」の文字を使い「蝦手(カヘルテ)」と表記された例が見られる。

元々、漢字の「楓」は中国原産のマンサク科の落葉高木「フウ」を表す字で、「カエデ」とは別品種である。
日本では平安中期頃から「楓」を「カヘデ」と読むようになったが、『万葉集』では「カツラ」と読ませており、別の植物を指していた。

カエデは秋に美しく紅葉し、紅葉を代表とする植物とされているため、「もみじ」を「カエデ」と呼んだり、「カエデ」を「もみじ」と呼ぶこともある。
しかし、「もみじ」は「カエデ」だけを指すものではなく、植物名でもない。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. サバの種類

  2. 嵩にかかるの語源・由来

  3. 時化の意味・類語・言い換え

  4. はしゃぐの意味・類語・言い換え

  5. 税金の語源・由来

  6. 豚の体脂肪率はモデルよりも低い

  7. プロセスチーズの栄養基礎知識

  8. ソーセージの意味・別名・類語

  9. 種実類(ナッツ)の栄養基礎知識

  10. 「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」「カナヘビ」の違い

  1. ドヤ顔の意味・類語・言い換え

  2. アリバイの語源・由来

  3. 十日の菊の語源・由来

  4. 田作りの語源・由来

  5. 二枚目の意味・類語・言い換え

  6. かばんの語源・由来

  7. トリカブトの語源・由来

  8. 暦の意味・類語・言い換え

  9. クーデターの語源・由来

  10. 棒棒鶏の語源・由来

人気記事

  1. 寄席の語源・由来

  2. 読む(詠む)の語源・由来

  3. テッセンの語源・由来

  4. 牛に経文の語源・由来

  5. 心の語源・由来

  6. 鶏口牛後の語源・由来

  7. 十日の菊の語源・由来

TOP