気の毒の語源・由来

気の毒は、「心の保養になること」「面白いこと」を意味する「気の薬」に対する語。
本来は「心の毒になること」「気分を害するもの」の意味で、自分の心や気持ちに毒となるものを「気の毒」と言った。
他人の不幸や苦痛に接した時、自分のことのように思い心苦しくなることから、同情の意味で用いられ、主に相手の気持ちを言うようになった。
さらに、「気の毒なことをした」というように、迷惑をかけて申し訳なく思うことの意味でも用いられるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. バターの種類

  2. 「蛇」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  3. ハトの意味・別名・類語

  4. ぶりっ子の意味・類語・言い換え

  5. キョウチクトウの語源・由来

  6. 「王将」と「玉将」の違い

  7. ふんぞり返るの語源・由来

  8. 目から鱗が落ちるの意味・類語・言い換え

  9. ケチャップの語源・由来

  10. セダンの種類

  1. 御託を並べるの語源・由来

  2. 大富豪の意味・類語・言い換え

  3. 馬耳東風の意味・類語・言い換え

  4. アホウドリの種類

  5. クレパスの語源・由来

  6. 人生の意味・類語・言い換え

  7. 液晶テレビの意味・類語・言い換え

  8. ケンサキイカの意味・別名・類語

  9. 頭髪の意味・類語・言い換え

  10. ジンジャーエールの語源・由来

人気記事

  1. リアス式海岸の語源・由来

  2. シネラリアの語源・由来

  3. このわたの語源・由来

  4. 国分寺市の語源・由来

  5. 「発達」「発展」「進展」「進歩」「向上」の違い

  6. 出世魚の語源・由来

  7. 「効果」と「効能」の違い

TOP