足元を見るの語源・由来

足元を見るは、昔の宿場と旅人に由来する。
街道筋や宿場などでは、駕籠舁き(かごかき)や馬方(うまかた)が、旅人の足元を見て疲れ具合を見抜き、その疲れ具合につけ込んで、高い値段を要求していた。
法外な値段であっても、疲れていれば客はその金額で了承してしまう。
そのことから、相手の弱みにつけこむことを「足元を見る」や「足元に付け込む」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 多治見市の意味・シンボル

  2. 顎足付きの意味・類語・言い換え

  3. パイナップルの栄養基礎知識

  4. 合口の語源・由来

  5. お酒の適量とはどのくらいの量のことか

  6. 郡山市の意味・シンボル

  7. 牛の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

  8. わかるの語源・由来

  9. 「倉」「蔵」「庫」の違い

  10. いただきますの語源・由来

  1. 兎馬の語源・由来

  2. セダンの意味・類語・言い換え

  3. あかぎれの意味・別名・類語

  4. 練馬区の意味・シンボル

  5. 富有柿の語源・由来

  6. イタドリの語源・由来

  7. ディルの意味・別名・類語

  8. 水と油の語源・由来

  9. ごめんの語源・由来

  10. たかが知れるの語源・由来

人気記事

  1. メンターの語源・由来

  2. ゴキブリの語源・由来

  3. 「レギュラーガソリン」と「ハイオク」の違い

  4. サナダムシの語源・由来

  5. バカガイの語源・由来

  6. 「聖歌」と「讃美歌」の違い

  7. 岡持ちの語源・由来

TOP