一大事の語源・由来

一大事は、仏が衆生救済のために、この世に現れるという重大事を意味する語であった。
「一大事因縁」ともいわれ、仏が衆生を救うためにこの世に現れ、それによって成仏するという、最も大切な目的を意味する言葉である。
この「一大事」が一般にも広まり、重大な出来事を意味するようになったが、現在では主に悪い事態の場合に用いられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スイートルームの種類

  2. 五里霧中の意味・類語・言い換え

  3. 「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の違い

  4. 手をこまねくの語源・由来

  5. ありがたいの語源・由来

  6. 千葉県の語源・由来

  7. 兵庫県の語源・由来

  8. スラッカーの意味・類語・言い換え

  9. 怠け者の意味・類語・言い換え

  10. タイムの意味・別名・類語

  1. ビュッフェの意味・類語・言い換え

  2. とんでもないの語源・由来

  3. 香水の意味・類語・言い換え

  4. 夫人の語源・由来

  5. 糞(ふん)の意味・類語・言い換え

  6. 「酒」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 「登山」「トレッキング」「ハイキング」の違い

  8. キャラウェイの語源・由来

  9. 弱冠の語源・由来

  10. 軍艦巻きの意味・別名・類語

人気記事

  1. 御曹司の語源・由来

  2. ツバメの語源・由来

  3. うんともすんともの語源・由来

  4. 本巣市の語源・由来

  5. ショートケーキの語源・由来

  6. 「抗菌」「除菌」「殺菌」「滅菌」「消毒」の違い

  7. パピヨン(犬)の語源・由来

TOP