一大事の語源・由来

一大事は、仏が衆生救済のために、この世に現れるという重大事を意味する語であった。
「一大事因縁」ともいわれ、仏が衆生を救うためにこの世に現れ、それによって成仏するという、最も大切な目的を意味する言葉である。
この「一大事」が一般にも広まり、重大な出来事を意味するようになったが、現在では主に悪い事態の場合に用いられている。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. いちごの栄養基礎知識

  2. やんちゃの語源・由来

  3. 一か八かの意味・類語・言い換え

  4. 甘蕉の意味・別名・類語

  5. ぶどうの栄養基礎知識

  6. きざはしの語源・由来

  7. クロワッサンの種類

  8. 目論見の語源・由来

  9. 舎利の語源・由来

  10. ふんだんの語源・由来

  1. 関の山の意味・類語・言い換え

  2. 日の丸の意味・類語・言い換え

  3. ネクタリンの栄養基礎知識

  4. アニメの語源・由来

  5. ムラサキウマゴヤシの意味・別名・類語

  6. 毎月22日が「ショートケーキの日」になった理由

  7. ユーモアの語源・由来

  8. 初参りの意味・類語・言い換え

  9. エブリワンの意味・類語・言い換え

  10. ヤブ医者の語源・由来

人気記事

  1. 逮捕と検挙と摘発の違い

  2. 越えると超えるの違い・使い分け

  3. iPS細胞の「i」が小文字になった2つの理由

  4. 以下と未満の違い・使い分け

  5. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

  6. ランクとレベルとグレードとクラスの違い

  7. 節約と倹約の違い

TOP