大関の語源・由来

「横綱」の地位ができる明治時代までは、大関が力士の最高位であった。
古く、最上位の力士は「最手(ほて)」と称していたが、室町時代頃から「関(せき)」と呼ばれるようになった。
この「関」は「関門」のことで、関門を越える者がいないためという説が有力とされる。
「関」に最上位の意味で「大」を冠した語が「大関」で、近世に出現した語のようである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. レム睡眠の語源・由来

  2. 邪魔の語源・由来

  3. 死亡の意味・類語・言い換え

  4. オリンピックシンボルの五輪マークの由来と色の意味

  5. うなじの語源・由来

  6. 麻雀の語源・由来

  7. 色の語源・由来

  8. 血で血を洗うの意味・類語・言い換え

  9. 球磨村の意味・シンボル

  10. 消息の意味・類語・言い換え

  1. 矢も盾もたまらないの語源・由来

  2. クエン酸の意味・類語・言い換え

  3. うつらうつらの語源・由来

  4. ワイシャツの語源・由来

  5. 春一番の語源・由来

  6. なぜ空は青いのか

  7. のろまの語源・由来

  8. 豕の意味・別名・類語

  9. オランウータンの語源・由来

  10. 「台風」と「熱帯低気圧」の違い

人気記事

  1. ネオンの語源・由来

  2. 真っ赤な嘘の語源・由来

  3. ドスの語源・由来

  4. 墨守の語源・由来

  5. 将棋の語源・由来

  6. 三面記事の語源・由来

  7. 音の語源・由来

TOP