演歌の語源・由来

明治初期の自由民権運動の高揚期、演説の取締りが厳しくなったため、代わりに歌の形で街頭演説したことから、「演歌」という言葉が生まれた。
やがて、街頭でバイオリンを弾きながら歌い、歌の本を売る者を「演歌師」と呼ぶようになり、政治風刺の目的から大道芸化して、「艶歌」とも称するようになった。
昭和に入り、演歌は酒や海、義理人情や男女の情感などをテーマに歌われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. パステルの語源・由来

  2. 晩餐会の意味・類語・言い換え

  3. 今治市の意味・シンボル

  4. 面白いの意味・類語・言い換え

  5. ウツボグサの語源・由来

  6. 蛇口の語源・由来

  7. 山梨県の市町村名一覧

  8. 乾坤一擲の意味・類語・言い換え

  9. 食パンの栄養基礎知識

  10. 苦いの意味・類語・言い換え

  1. 天下りの語源・由来

  2. にっちもさっちもの語源・由来

  3. 静岡県の語源・由来

  4. 犬の語源・由来

  5. アユの語源・由来

  6. 弁慶の泣き所の意味・類語・言い換え

  7. 「蓋」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  8. こよりの語源・由来

  9. キャンドルの語源・由来

  10. シャンツァイの意味・別名・類語

人気記事

  1. 「蜃気楼」と「陽炎」の違い

  2. 烏兎匆匆の語源・由来

  3. 覆水盆に返らずの語源・由来

  4. 割れ鍋に綴じ蓋の語源・由来

  5. あなごの語源・由来

  6. コハダの語源・由来

  7. 「うなぎ」と「あなご」の違い

TOP