切磋琢磨の語源・由来

切磋琢磨の出典は、中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。
「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。
「琢」は玉や石を打ち叩くことで、「磨」は磨くことを意味する。
『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品にたとえて、衛の武公をたたえた。
そこから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。
「切磋」のみ「琢磨」のみで用いることもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 価格と値段と料金と代金と代価と金額の違い・使い分け

  2. ミルクレープの語源・由来

  3. カンパチの語源・由来

  4. 熊本市の語源・由来

  5. 雪隠詰めの語源・由来

  6. このわたの語源・由来

  7. 爽やかの語源・由来

  8. ロボットの語源・由来

  9. かいわれ大根と大根の違い

  10. こけしの語源・由来

  1. ドロンの意味・類語・言い換え

  2. アイデンティティの意味・類語・言い換え

  3. 浮世の語源・由来

  4. 岡山市の意味・シンボル

  5. 今川焼きの語源・由来

  6. 河童の屁の語源・由来

  7. ターキーの語源・由来

  8. 七五三の意味・別名・類語

  9. からすみの語源・由来

  10. そろばんの語源・由来

人気記事

  1. 賞味期限と消費期限の違い

  2. 吸血鬼とヴァンパイアとドラキュラの違い

  3. フクロウとミミズクの違い・見分け方

  4. 警視庁と警察庁の違い

  5. 屁とおならの違い

  6. 仕事と職業と職の違い・使い分け

  7. 可愛いと可愛らしいの違い・使い分け

TOP