切磋琢磨の語源・由来

切磋琢磨の出典は、中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。
「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。
「琢」は玉や石を打ち叩くことで、「磨」は磨くことを意味する。
『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品にたとえて、衛の武公をたたえた。
そこから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。
「切磋」のみ「琢磨」のみで用いることもある。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ブロッコリーの種類

  2. 市松人形の語源・由来

  3. ヒエラルキーの意味・類語・言い換え

  4. 令月の意味・類語・言い換え

  5. 日本の語源・由来

  6. 高崎市の語源・由来

  7. 「油」「脂」「膏」の違い

  8. 左遷の語源・由来

  9. シオカラトンボの意味・別名・類語

  10. そら豆の意味・別名・類語

  1. マンホールの意味・類語・言い換え

  2. 殷鑑遠からずの語源・由来

  3. 玄翁の語源・由来

  4. オークションの語源・由来

  5. 京都市の語源・由来

  6. 「首相」「内閣総理大臣」「総裁」の違い

  7. ルンペンの語源・由来

  8. こけら落としの意味・類語・言い換え

  9. にっちもさっちもの意味・類語・言い換え

  10. 鏡割りの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 昆布茶の栄養基礎知識

  2. テッチャンの語源・由来

  3. コハダの語源・由来

  4. 「以下」と「未満」の違い

  5. シリヤケイカの語源・由来

  6. スパの語源・由来

  7. 「離す」と「放す」の違い

TOP