切磋琢磨の語源・由来

切磋琢磨の出典は、中国最古の詩集『詩経』の「衛風(えいふう)・淇奥(きいく)」による。
「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを研ぐこと。
「琢」は玉や石を打ち叩くことで、「磨」は磨くことを意味する。
『詩経』ではこれらの語を用いて「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」と、細工師の技工や完成した細工品にたとえて、衛の武公をたたえた。
そこから、切磋琢磨は学問や精神・人格を磨き、向上することを意味するようになった。
「切磋」のみ「琢磨」のみで用いることもある。

出典:切磋琢磨 – 語源由来辞典

切磋の「切」は骨や象牙を切ることで、「磋」はそれらを磨くこと。
琢磨の「琢」は玉や石を打ち叩くこと、「磨」は磨くこと。
細工師の技工や、作られた細工品にたとえ、衛の武公を称えた言葉から。
『詩経・衛風・淇奥』に「切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如く」とある。

出典:切磋琢磨 – 故事ことわざ辞典

TOP
テキストのコピーはできません。