沽券に関わるの語源・由来

沽券に関わるの「沽券」とは、土地や家屋など売り渡し証文のことで、「売券」や「沽却状(こきゃくじょう)」とも呼ばれる。
江戸時代頃から、沽券は「売値」の意味で用いられるようになり、さらに「人の値打ち」「品位」などを意味するようになった。
そこから、プライドにかかわることを「沽券に関わる」、人の値打ちが下がることを「沽券が下がる」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. リュウゼツランの意味・別名・類語

  2. キザの語源・由来

  3. バズるの意味・類語・言い換え

  4. 軽井沢町の意味・シンボル

  5. 瞳の語源・由来

  6. ボイコットの語源・由来

  7. 板につくの語源・由来

  8. パチンコの語源・由来

  9. 二の腕の意味・別名・類語

  10. パンデミックの語源・由来

  1. うなぎ丼の意味・別名・類語

  2. 柳の種類

  3. 頭角を現すの語源・由来

  4. いじめの語源・由来

  5. 敗北の語源・由来

  6. 断腸の思いの意味・類語・言い換え

  7. キャビアの意味・別名・類語

  8. クジラの語源・由来

  9. 「バター」「マーガリン」「ファットスプレッド」の違い

  10. 血で血を洗うの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「交じる」「混じる」「雑じる」の違い

  2. 「ワイシャツ」と「カッターシャツ」の違い

  3. ユッケの語源・由来

  4. 腰の語源・由来

  5. 「ドキドキ」「ワクワク」「ハラハラ」の違い

  6. 稀有の語源・由来

  7. 祝いの語源・由来

TOP