二の句が継げないの語源・由来

二の句が継げないの「二の句」とは、雅楽の朗詠で三段階あるうちの二段目の句のこと。
一段目は低音域、二段目は高音域、三段目は中音域で、二の句は高音域である。
高音のまま詠じ続けて、息切れしやすく難しいことから、声に出せないさまを「二の句が継げない」と言うようになった。
朗詠の用語としては古くから見られるが、「二の句が継げない」という表現は江戸時代以前の文献に例が見られず、有島武郎の『或る女』が初ではないかといわれる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 象牙の塔の意味・類語・言い換え

  2. 月の意味・類語・異名

  3. 味噌をつけるの意味・類語・言い換え

  4. 几帳面の意味・類語・言い換え

  5. マルバヤナギの意味・別名・類語

  6. 泰斗の意味・類語・言い換え

  7. 商いの語源・由来

  8. くだらないの語源・由来

  9. 男爵いもの意味・類語・言い換え

  10. 旭川市の語源・由来

  1. 阿婆擦れの語源・由来

  2. たらいの語源・由来

  3. すったもんだの意味・類語・言い換え

  4. 「紫蘇(シソ)」と「大葉」の違い

  5. あたりめの意味・別名・類語

  6. アカメヤナギの意味・別名・類語

  7. 三毛猫のオスが少ない理由

  8. 発達の意味

  9. 「足」「脚」「肢」の違い

  10. 路地の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 内股膏薬の語源・由来

  2. 六日の菖蒲の語源・由来

  3. 利息の語源・由来

  4. 津波の語源・由来

  5. サックスの語源・由来

  6. 「開放」と「解放」の違い

  7. 「整える」と「調える」の違い

TOP