火蓋を切るの語源・由来

「火蓋」とは火縄銃の火皿を覆う蓋のことで、「切る」は「開く」「外す」などの意味。
弾を撃つためには火蓋を開き、火縄の火を火薬に点火するため、戦いを始めることを「火蓋を切る」と言うようになった。
そこから意味が派生し、物事の着手や行動を開始する意味で使われるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. マルチーズの語源・由来

  2. エセの語源・由来

  3. 壟断の語源・由来

  4. 飲むと呑むの違い

  5. 霜月の語源・由来

  6. 合羽の意味・別名・類語

  7. 店の語源・由来

  8. 岡目八目の語源・由来

  9. サクラソウの語源・由来

  10. おいしいの語源・由来

  1. シャリの意味・別名・類語

  2. くだを巻くの語源・由来

  3. 表すと現すと顕すと著すの違い・使い分け

  4. 臥薪嘗胆の意味・類語・言い換え

  5. 折り紙付きの意味・類語・言い換え

  6. プリンの語源・由来

  7. 屠蘇の意味・類語・言い換え

  8. 生姜の栄養基礎知識

  9. スズメの意味・別名・類語

  10. 自賠責保険の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 御霊前と御仏前の違い

  2. ニシンの卵を「数の子」と呼ぶ理由

  3. スダチとカボスの違い

  4. 体と身体の違い・使い分け

  5. なぜ犬はお尻の臭いを嗅ぐのか

  6. 明くと開くと空くの違い・使い分け

  7. 懲役と禁錮(禁固)と拘留の違い

TOP