六日の菖蒲の語源・由来

六日の菖蒲の「六日」は、端午の節句(5月5日)の翌日のこと。
端午の節句は別名「菖蒲の節句」と言い、菖蒲を浸した酒を飲んだり、厄除けに菖蒲を飾ったり、菖蒲湯に入るなどする。
その翌日に菖蒲を準備しても遅いことから、時機を逃して役に立たないことのたとえとして、「六日の菖蒲」と言うようになった。
ここで言う「菖蒲(あやめ)」は、アヤメ科のアヤメのことではなく、ショウブ科(サトイモ科)のショウブのことである。
「十日の菊」と合わせて、「六日の菖蒲、十日の菊」とも言う。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 図に乗るの語源・由来

  2. 道路の意味・類語・言い換え

  3. 食堂の語源・由来

  4. 狡兎死して走狗烹らるの語源・由来

  5. 未の意味・類語・言い換え

  6. 「桜」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. お猪口の意味・類語・言い換え

  8. わさびの語源・由来

  9. ラッコの意味・別名・類語

  10. 「離す」と「放す」の違い

  1. 「するめ」「あたりめ」「さきいか」の違い

  2. 二束三文の語源・由来

  3. 白眉の意味・類語・言い換え

  4. 「オセロ」と「リバーシ」の違い

  5. 「ピント」と「フォーカス」の違い

  6. 「ミュール」「サンダル」「パンプス」の違い

  7. 青森県の意味・シンボル

  8. 喜ばしいの意味・類語・言い換え

  9. 三重県の市町名一覧

  10. 七面鳥の語源・由来

人気記事

  1. 蛇足の語源・由来

  2. 「習字」と「書道」の違い

  3. 「関西」「近畿」「京阪神」の違い

  4. ちょろいの語源・由来

  5. 覚えるの語源・由来

  6. 大津市の語源・由来

  7. ビーフストロガノフの語源・由来

TOP