六日の菖蒲の語源・由来

六日の菖蒲の「六日」は、端午の節句(5月5日)の翌日のこと。
端午の節句は別名「菖蒲の節句」と言い、菖蒲を浸した酒を飲んだり、厄除けに菖蒲を飾ったり、菖蒲湯に入るなどする。
その翌日に菖蒲を準備しても遅いことから、時機を逃して役に立たないことのたとえとして、「六日の菖蒲」と言うようになった。
ここで言う「菖蒲(あやめ)」は、アヤメ科のアヤメのことではなく、ショウブ科(サトイモ科)のショウブのことである。
「十日の菊」と合わせて、「六日の菖蒲、十日の菊」とも言う。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. コンビニの語源・由来

  2. 予言の意味・類語・言い換え

  3. おめおめの語源・由来

  4. 気が置けないの意味・類語・言い換え

  5. 遊説の語源・由来

  6. バザールの意味・類語・言い換え

  7. 「コンサート」「ライブ」「GIG」の違い

  8. 萌えの語源・由来

  9. 無病息災の語源・由来

  10. 守口市の意味・シンボル

  1. シャッポを脱ぐの意味・類語・言い換え

  2. ライチの栄養基礎知識

  3. 奥様の語源・由来

  4. お開きの語源・由来

  5. サルビアの意味・別名・類語

  6. 胴元の語源・由来

  7. コックピットの語源・由来

  8. ちくわの語源・由来

  9. 「タイツ」と「ストッキング」の違い

  10. 日の旗の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 油の語源・由来

  2. 黒砂糖の栄養基礎知識

  3. 「おしるこ」と「ぜんざい」の違い

  4. ハネムーンの語源・由来

  5. エゴマの語源・由来

  6. 内股膏薬の語源・由来

  7. ハマナスの語源・由来

TOP