切羽詰まるの語源・由来

切羽とは、日本刀の鍔(柄や鞘に接する部分)の両面に添える薄い楕円形の金物のことで、これが詰まると刀が抜けなくなる。
窮地に追い詰められた時に切羽が詰まると、逃げることも刀を抜くことも出来なくなるため、為す術が無くなることを「切羽詰まる」と言うようになった。
その他、切羽詰まるの「切羽」の語源には、「狭鍔(せつば)」または「副鍔(そえつば)」の転という説もある。

出典:語源由来辞典

TOP