立錐の余地もないの語源・由来

立錐とは、木に穴を空ける道具「錐(きり)」を立てること。
立錐の余地もないは、細い錐が立つだけの余地すらなく、ぎっしり詰まって隙間もないという、狭い土地をたとえたものであった。
そこから、人や物が詰まっていて、隙間のないことを「立錐の余地もない」と言うようになった。
出典は中国『史記』の「滑稽伝」で、「いまや秦は六国の子孫を滅ぼして、立錐の地さえないようにした」から広まった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 苦肉の策の意味・類語・言い換え

  2. ラッコの意味・別名・類語

  3. まだらの語源・由来

  4. 鬼の霍乱の語源・由来

  5. もっけの幸いの意味・類語・言い換え

  6. モンブラン(山)の語源・由来

  7. ゲルマニウムの語源・由来

  8. イカサマの意味・類語・言い換え

  9. 財閥の意味・類語・言い換え

  10. ノエルの意味・別名・類語

  1. 命運の意味・類語・言い換え

  2. 墨田区の意味・シンボル

  3. 三枚目の語源・由来

  4. おくびにも出さないの語源・由来

  5. なぜクリスマスは「X’mas」ではなく「Xmas」と書くのか

  6. オーラの意味・類語・言い換え

  7. ぼたもちの語源・由来

  8. 「Q&A」と「FAQ」の違い

  9. 釜炒り茶の栄養基礎知識

  10. ヒイラギモチの語源・由来

人気記事

  1. 甲斐の語源・由来

  2. 「主催」「協賛」「協力」「後援」の違い

  3. 松竹梅の語源・由来

  4. 「筆者」「著者」「作者」の違い

  5. 「帰省」「帰郷」「里帰り」の違い

  6. ツメクサの語源・由来

  7. ひげの語源・由来

TOP