尾籠の語源・由来

びろうは、「馬鹿げていること」「愚かなさま」を意味する和語「をこ(痴)」に「尾籠」の漢字を当て、それを音読みした和製漢語。
「をこ」の当て字として「尾籠」が用いられるようになったのは鎌倉時代以降で、文書で多く「尾籠」と書かれるうちに音読されるようになった。
室町時代には、「無礼」「無作法」の意味で用いられるようになり、意味が拡大されて「汚い」の意味が含まれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 理解の意味・類語・言い換え

  2. ポンカンの語源・由来

  3. 為替の語源・由来

  4. ジンジャーエールの意味・類語・言い換え

  5. 「大阪」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  6. センマイの意味・別名・類語

  7. ハヤシライスの語源・由来

  8. ランドセルの語源・由来

  9. 宴の語源・由来

  10. カツオノエボシの語源・由来

  1. スミイカの意味・別名・類語

  2. セージの語源・由来

  3. ダサいの意味・類語・言い換え

  4. レシピの語源・由来

  5. 「謝罪」「陳謝」「深謝」の違い

  6. シャリの語源・由来

  7. 車海老の語源・由来

  8. メロンの語源・由来

  9. 諏訪市の語源・由来

  10. 「心」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

人気記事

  1. いざ鎌倉の語源・由来

  2. ビビるの語源・由来

  3. イチコロの語源・由来

  4. 伊達の語源・由来

  5. アーモンドの栄養基礎知識

  6. 蒙古斑の語源・由来

  7. ポニーテールの語源・由来

TOP