尾籠の語源・由来

びろうは、「馬鹿げていること」「愚かなさま」を意味する和語「をこ(痴)」に「尾籠」の漢字を当て、それを音読みした和製漢語。
「をこ」の当て字として「尾籠」が用いられるようになったのは鎌倉時代以降で、文書で多く「尾籠」と書かれるうちに音読されるようになった。
室町時代には、「無礼」「無作法」の意味で用いられるようになり、意味が拡大されて「汚い」の意味が含まれるようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. インチキの語源・由来

  2. がらんどうの語源・由来

  3. 世間の語源・由来

  4. 楽しいと面白いの違い・使い分け

  5. キャベツの語源・由来

  6. 顰に倣うの語源・由来

  7. ピラフの語源・由来

  8. 戦うの語源・由来

  9. 道路の語源・由来

  10. 芳香剤と消臭剤と脱臭剤の違い

  1. 三社参りの意味・類語・言い換え

  2. 勘当の語源・由来

  3. 幕内の語源・由来

  4. 岩手県の語源・由来

  5. みかじめ料の語源・由来

  6. 梨園の語源・由来

  7. 小結の語源・由来

  8. 水無月の語源・由来

  9. ヨガの意味・類語・言い換え

  10. らうめんの意味・別名・類語

人気記事

  1. 開放と解放の違い・使い分け

  2. 見ると観ると視ると診ると看るの違い・使い分け

  3. 裸足と素足と生足の違い

  4. 違法と不法と非合法と脱法の違い

  5. 港と湊の違い・使い分け

  6. さつまいもを食べるとおならが出る理由とおならを防ぐ方法

  7. 真夏に雪が降ったら初雪になるか

TOP