木っ端の火の語源・由来

木っ端とは、用材を切った際に残る木の切れ端、木屑のこと。
木屑は、火を起こす時には早く燃え上がるが、燃え尽きるのも早い。
そこから、「あっけないこと」や「たわいもないこと」のたとえとして、「木っ端の火」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ダサいの語源・由来

  2. 馬鈴薯の語源・由来

  3. 軽井沢町の語源・由来

  4. こんにちはの意味・類語・言い換え

  5. セージの語源・由来

  6. 「志」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  7. 烏口の意味・別名・類語

  8. 「暑い」と「熱い」の違い

  9. 一寸法師の意味・類語・言い換え

  10. 羊頭狗肉の語源・由来

  1. ヒグマの語源・由来

  2. 甲賀市の意味・シンボル

  3. ジンチョウゲの意味・別名・類語

  4. 胸の語源・由来

  5. たらい回しの意味・類語・言い換え

  6. 天真流露の意味・類語・言い換え

  7. 虎穴に入らずんば虎子を得ずの語源・由来

  8. 弘法にも筆の誤りの語源・由来

  9. 臥薪嘗胆の語源・由来

  10. 藪から棒の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 「傘」と「笠」の違い

  2. カラスの語源・由来

  3. 「アナウンサー」「キャスター」「リポーター」の違い

  4. しんがりの語源・由来

  5. じゃんけんの語源・由来

  6. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」の違い

  7. 万年筆の語源・由来

TOP