木っ端の火の語源・由来

木っ端とは、用材を切った際に残る木の切れ端、木屑のこと。
木屑は、火を起こす時には早く燃え上がるが、燃え尽きるのも早い。
そこから、「あっけないこと」や「たわいもないこと」のたとえとして、「木っ端の火」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 新年の意味・類語・言い換え

  2. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」の違い

  3. パッションフルーツの栄養基礎知識

  4. 幸せの語源・由来

  5. ガンの意味・別名・類語

  6. 母の日の意味・類語・関連語

  7. 「バカ」と「アホ」の違い

  8. デマの語源・由来

  9. 一昨年の語源・由来

  10. アロマテラピーの語源・由来

  1. 鏡の意味・類語・言い換え

  2. 皮肉の意味・類語・言い換え

  3. 川崎市の語源・由来

  4. 伊勢海老の意味・別名・類語

  5. 年の名の意味・類語・言い換え

  6. 女郎花月の語源・由来

  7. ろうそくの語源・由来

  8. 苅田町の意味・シンボル

  9. イカすの意味・類語・言い換え

  10. 無駄の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. カンツォーネの語源・由来

  2. 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違い

  3. 棟梁の語源・由来

  4. ちり鍋の語源・由来

  5. 国分寺市の語源・由来

  6. 烏兎怱怱の語源・由来

  7. ライスの語源・由来

TOP