赤の他人の語源・由来

「赤」は名詞の上に付くことで強調として使われ、「全くの」「すっかり」「明らかな」などの意味を持つ「赤」である。
そこから、全くの他人のことを「赤の他人」と言うようになった。

赤の他人の語源には、仏前に供える浄水「閼伽(あか)」「阿伽(あか)」を語源とし、「水のように冷たい」の意味から「他人にも冷たい」、さらに「全く縁のない他人」といった意味に転じたとする説もある。
しかし、「赤」を強調の意味で使う言葉は他にも多くあり、「赤の他人」のみ異なる語源とは考え難い。
また、仏前に供える浄水から転じる過程も強引であることから、「あか」の音を持つ言葉を探して作られた俗説と思われる。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 象牙の塔の語源・由来

  2. 眉の語源・由来

  3. 面倒な里芋の皮むきもレンジで簡単に! 里芋を皮つきで食べる方法も紹介

  4. 土に灸の語源・由来

  5. 醤油の語源・由来

  6. サボるの語源・由来

  7. 糞(ふん)の語源・由来

  8. 北九州市の語源・由来

  9. 泡を食うの語源・由来

  10. 和三盆の栄養基礎知識

  1. 二輪車のオートバイを「単車」と呼ぶ理由

  2. おいらの意味・類語・言い換え

  3. 五香粉の栄養基礎知識

  4. 出張の語源・由来

  5. 戒名の語源・由来

  6. 青天の意味

  7. スパイの語源・由来

  8. 手をこまねくの語源・由来

  9. 智頭町の語源・由来

  10. 分限者の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 耐震と免震と制震と制振の違い

  2. 越えると超えるの違い・使い分け

  3. 欲張りと貪欲と強欲の違い

  4. 夏季と夏期の違い・使い分け

  5. 容疑者と被疑者と被告人と犯人の違い

  6. お疲れ様とご苦労様の違い・使い分け

  7. 晦日と大晦日の違い

TOP