サラリーマンの語源・由来

サラリーマンの語源・由来

サラリーマンは、英語の「salaried man」が転じた「salaryman」で、和製英語として扱われる。
サラリーマンの「サラリー(salary)」は、古代ローマ時代に兵士与えられた「塩」を意味するラテン語「サラリウム(salarium)」に由来する。
当時は塩が貴重な物であったため、給料として支払われていた。
「salarium」はラテン語で「塩」を意味する「sal(サール)」に由来し、「sal」は「塩」を意味する英語「salt(ソルト)」の語源ともなっている。
「サラリーマン」の語が使われ始めたのは大正時代頃からで、ホワイトカラーと同義語のように用いられ、事務労働の給料生活者を指すことが多かった。
現代でも、事務系の給料生活者を指すのが基本であるが、月給取りであれば職種に関係なく「サラリーマン」と呼ぶ。
「salaryman(サラリーマン)」は和製英語なので、通じない英語と言われるが、海外では「salaryman」を「日本のホワイトカラー労働者」と位置づけており、全く通じない訳ではない。
「サラリーマン」の語源である「salaried man」は英語だが、普通は「office worker」と呼ぶか、具体的な職業名で呼ぶことが多いため、ほとんど用いられない。

出典:語源由来辞典

こちらもオススメ

TOP