もなかの語源・由来

もなかは、江戸吉原の菓子屋 竹村伊勢が、満月をかたどった「最中の月(もなかのつき)」という煎餅のようなものを作り、それが省略されて「最中(もなか)」となった。
最中の月とは、旧暦十五夜の月(中秋の名月)のことで、平安時代の歌集『拾遺集』には、「水の面に 照る月なみを かぞふれば 今宵ぞ秋の もなかなりける」とある。
その他、真ん中に餡が入っているため、中央を意味する「最中(さいちゅう)」を語源とする説もあるが、もなかに餡が入ったのは「最中の月」が作られた以降のことである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. スベリヒユの意味・別名・類語

  2. インタビューの語源・由来

  3. シロツメクサの意味・別名・類語

  4. てんやわんやの語源・由来

  5. 戯画の意味・類語・言い換え

  6. 「御霊前」と「御仏前」の違い

  7. 茨城県の語源・由来

  8. ふんどしの語源・由来

  9. 棒の語源・由来

  10. 「香水」「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファム」「パルファム」の違い

  1. おざなりの語源・由来

  2. いたいけの語源・由来

  3. 気さくの語源・由来

  4. 明日葉の語源・由来

  5. なまじっかの語源・由来

  6. きな臭いの語源・由来

  7. ロードの語源・由来

  8. おかげさまの語源・由来

  9. サバの語源・由来

  10. デリカの意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 徳島県の語源・由来

  2. コックピットの語源・由来

  3. ホトトギスの語源・由来

  4. 「アクセント」「イントネーション」「プロミネンス」の違い

  5. 天真爛漫の語源・由来

  6. 春の語源・由来

  7. ミズバショウの語源・由来

TOP