カツの語源・由来

カツは、英語の「cutlet(カツレツ)」が略された語である。
「cutlet」は肉の切り身そのものを意味し、その語源は「骨付き背肉」を意するフランス語「cotelette(コートレット)」である。
日本にカツレツが入ったのは、近世末から明治初期といわれ、福沢諭吉の『華英通語』には「cutlet(吉列)」とある。
当時のカツレツは、牛肉の「ビーフカツレツ」や鶏肉の「チキンカツレツ」であった。
明治28年(1895年)、銀座「煉瓦亭」の木田元次郎が、豚肉を使った「ポークカツレツ」を売り出したのが、「トンカツ(とんかつ)」の起源とされる。
昭和初頭、上野「元祖とんかつぽん多」の創業者である島田信二郎が、豚肉を使ったカツレツを「豚カツ」として売り出し、少しずつ「カツ」と略された呼び名が定着していった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. こんにちはの語源・由来

  2. マンションとアパートの違い

  3. 滋賀県の語源・由来

  4. 鷹揚の語源・由来

  5. ハムスターの種類

  6. 男爵いもの語源・由来

  7. すしの語源・由来

  8. あっけらかんの語源・由来

  9. 根掘り葉掘りの語源・由来

  10. 寝耳に水の語源・由来

  1. ちぐはぐの語源・由来

  2. お疲れ様とご苦労様の違い・使い分け

  3. すだれの語源・由来

  4. アルファルファの意味・別名・類語

  5. 事典の意味・類語・言い換え

  6. 百姓の語源・由来

  7. 胡麻の蠅の語源・由来

  8. ちくるの語源・由来

  9. シェパードの語源・由来

  10. 文句の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. ペンギンが空を飛べない理由

  2. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  3. 食事はゆっくり食べた方が良い理由とは?満腹を感じる仕組みから解説

  4. 帰ると戻ると引き返すの違い・使い分け

  5. 異常と異状の違い・使い分け

  6. 一富士二鷹三茄子の意味と続き

  7. BSとCSの違い

TOP