くだを巻くの語源・由来

くだを巻くの「くだ(管)」とは、機織りで糸を紡ぐときに用いる軸のこと。
これを「糸繰車(いとくりぐるま)」に差して糸を巻くと、「ぶうんぶうん」と単調な音が鳴る。
その管巻きの音や糸を巻く動作が、酒に酔った人が同じことを繰り返し、くどくど言う姿に似ていることから、「くだを巻く」と形容されるようになった。
愚痴を撒き散らす印象から、「まく」を漢字で「撒く」と表記するのは誤りである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 四天王の語源・由来

  2. かつらの語源・由来

  3. ごちそうさまの語源・由来

  4. サラリーマンの意味・類語・言い換え

  5. 合羽の意味・別名・類語

  6. 「ラーメン」「中華そば」「支那そば」の違い

  7. ストールの語源・由来

  8. 潔いの語源・由来

  9. 進捗の意味・類語・言い換え

  10. 中国の意味・別名・類語

  1. オダマキの意味・別名・類語

  2. 小千谷市の語源・由来

  3. 爪楊枝の意味・別名・類語

  4. あかつきの意味・類語・言い換え

  5. K点の意味・類語・関連語

  6. べらぼうの語源・由来

  7. 剣幕の語源・由来

  8. ノエルの意味・別名・類語

  9. パーソナルトレーナーの意味・類語・言い換え

  10. ユリの種類

人気記事

  1. まんまとの語源・由来

  2. オットセイの語源・由来

  3. 「分かる」「解る」「判る」の違い

  4. ファビュラスの語源・由来

  5. イライラの語源・由来

  6. マスの語源・由来

  7. 大阪市の語源・由来

TOP