もしもしの語源・由来

もしもしは、「申し(もうし)」を連ね短縮された言葉。
江戸時代には、「申し(もうし)」と単独で使われていた。
電話が開通された当初は、高級官僚や実業家などしか電話を持っていなかったため、「もしもし」ではなく「おいおい」と呼びかけ、「はい、ようござんす」と返答されていた。
電話の呼びかけに「もしもし」が使われるようになったのは、電話交換手が中継ぎをしていたため、繋ぐ相手に失礼とならぬよう、「申し上げます」と言っていたことによる。
日本で初めて電話交換業務が行われたのは、明治23年(1890年)12月16日、東京・横浜間である。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 双璧の語源・由来

  2. 急がば回れの意味・類語・言い換え

  3. 徳利の語源・由来

  4. 理容店の意味・別名・類語

  5. ウォンの語源・由来

  6. グレコローマンスタイルの語源・由来

  7. すっぽかすの語源・由来

  8. 臥薪嘗胆の語源・由来

  9. ポテトの意味・別名・類語

  10. 体たらくの語源・由来

  1. あきんどの語源・由来

  2. ゲルマニウムの語源・由来

  3. 釜炒り茶の栄養基礎知識

  4. 市松人形の語源・由来

  5. 風呂敷の語源・由来

  6. オーデコロンの意味・類語・言い換え

  7. インセンティブの意味・類語・言い換え

  8. 福井県の意味・シンボル

  9. こにしの意味・別名・類語

  10. カタログとパンフレットとリーフレットの違い

人気記事

  1. 残ると余るの違い・使い分け

  2. 収めると納めると治めると修めるの違い・使い分け

  3. 毒薬と劇薬と毒物と劇物の違い

  4. シャベルとスコップの違い

  5. 白湯とお湯はなにが違うの?白湯が体にもたらす美容効果とは

  6. シロサイとクロサイの違い・見分け方

  7. 事業家と実業家と企業家と起業家と経営者の違い

TOP