そろばんの語源・由来

そろばんは、室町時代末頃に中国より日本へ伝わった。
古代中国では、数を数えることを「算」といい、数を数える盤の意味で「算盤」となった。
算盤を「そろばん」と読むのは、唐音の「ソワンパン」が訛ったとする説が有力とされる。
他には、琉球語の「スヌパン」や「スルバン」、「走盤(そうばん)」からといった説もある。
そろばんの漢字表記には「十露盤」の当て字以外にも、昔は「三羅盤」や「曾呂盤」など、50種以上の当て字が使われていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. ふけの語源・由来

  2. しその栄養基礎知識

  3. 丁字路(T字路)の語源・由来

  4. でっち上げの語源・由来

  5. 豆腐の語源・由来

  6. グロテスクの語源・由来

  7. 手の語源・由来

  8. 潔いの語源・由来

  9. せがれの語源・由来

  10. 徳利とお銚子の違い

  1. 随分の語源・由来

  2. 小賢しいの意味・類語・言い換え

  3. 落花生の意味・別名・類語

  4. 感動的の意味・類語・言い換え

  5. サザンカの語源・由来

  6. 恵方巻きの語源・由来

  7. 五右衛門風呂の語源・由来

  8. Decemberの意味・異名・類語

  9. 億万長者の意味・類語・言い換え

  10. とうもろこしの語源・由来

人気記事

  1. ファスナーとジッパーとチャックの違い

  2. 夫婦と夫妻の違い・使い分け

  3. モツとホルモンの違い

  4. 冷蔵と冷凍と氷温とチルドとパーシャルの違い

  5. 努めると勉めると勤めると務めるの違い・使い分け

  6. 真夏と盛夏と盛暑の違い

  7. タールとニコチンの違い

TOP