そろばんの語源・由来

そろばんは、室町時代末頃に中国より日本へ伝わった。
古代中国では、数を数えることを「算」といい、数を数える盤の意味で「算盤」となった。
算盤を「そろばん」と読むのは、唐音の「ソワンパン」が訛ったとする説が有力とされる。
他には、琉球語の「スヌパン」や「スルバン」、「走盤(そうばん)」からといった説もある。
そろばんの漢字表記には「十露盤」の当て字以外にも、昔は「三羅盤」や「曾呂盤」など、50種以上の当て字が使われていた。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 八宝菜の語源・由来

  2. 師走の語源・由来

  3. 日の旗の意味・類語・言い換え

  4. ユリの語源・由来

  5. ヤモリの語源・由来

  6. 安全第一の続きと由来

  7. ゼラチンの種類

  8. アプリの語源・由来

  9. 正月の語源・由来

  10. うり坊の意味・別名・類語

  1. あざといの意味・類語・言い換え

  2. 頭取の意味・類語・言い換え

  3. 実の語源・由来

  4. 素封の意味・類語・言い換え

  5. くりからもんもんの意味・類語・言い換え

  6. パフュームの意味・類語・言い換え

  7. ずんぐりむっくりの意味・類語・言い換え

  8. しまったの意味・類語・言い換え

  9. 「効く」と「利く」の違い

  10. 風呂の語源・由来

人気記事

  1. 遊説の語源・由来

  2. ピラフの語源・由来

  3. 京都府の語源・由来

  4. 割烹の語源・由来

  5. かたいの語源・由来

  6. 寄席の語源・由来

  7. トカゲの語源・由来

TOP