手ぐすねを引くの語源・由来

手ぐすねを引くの「くすね(薬煉)」とは、松脂(まつやに)を油で煮て練り混ぜたもので、弓の弦などを強くするために塗られる粘着剤である。
この薬煉を手に塗ることを「手ぐすね」と言う。
合戦の前、十分な態勢で待ち構えるために、薬煉を手に取り弓の弦に塗ることから、十分に準備して機会を待つことを「手ぐすね引いて待つ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. やにわにの意味・類語・言い換え

  2. とどのつまりの意味・類語・言い換え

  3. なしのつぶての語源・由来

  4. 寅年の意味・類語・言い換え

  5. 汝の語源・由来

  6. せっかちの語源・由来

  7. 巳年の意味・類語・言い換え

  8. サクラマスの語源・由来

  9. ハモの語源・由来

  10. 怠け者の意味・類語・言い換え

  1. 牛の角を蜂が刺すの意味・類語・言い換え

  2. お足の語源・由来

  3. ファイナンスの意味・類語・言い換え

  4. 分限者の意味・類語・言い換え

  5. ザウムイの意味・別名・類語

  6. NORADがサンタ追跡をするようになったきっかけ

  7. ブナの語源・由来

  8. キャンディーの語源・由来

  9. 寝るの意味

  10. ゲテモノの語源・由来

人気記事

  1. 「HTTP」と「HTTPS」の違い

  2. ためつすがめつの語源・由来

  3. スナネズミの語源・由来

  4. 牛タンの栄養基礎知識

  5. 四股の語源・由来

  6. 正面を切るの語源・由来

  7. ヤクザの語源・由来

TOP