手ぐすねを引くの語源・由来

手ぐすねを引くの「くすね(薬煉)」とは、松脂(まつやに)を油で煮て練り混ぜたもので、弓の弦などを強くするために塗られる粘着剤である。
この薬煉を手に塗ることを「手ぐすね」と言う。
合戦の前、十分な態勢で待ち構えるために、薬煉を手に取り弓の弦に塗ることから、十分に準備して機会を待つことを「手ぐすね引いて待つ」と言うようになった。

出典:語源由来辞典


今見られている記事 ランダム
  1. 煎茶の栄養基礎知識

  2. ニートの語源・由来

  3. 遺跡の意味

  4. としよりの日の意味・類語・言い換え

  5. 祝日と祭日と祝祭日の違い

  6. 大相撲の意味・類語・言い換え

  7. 大根の種類・変種

  8. 老若男女の意味・類語・言い換え

  9. 略奪愛の意味・類語・言い換え

  10. セミナーとゼミナールの違い

  1. かみなりの語源・由来

  2. 眉唾の語源・由来

  3. 日本一低い山は宮城県仙台市の日和山

  4. ステテコの意味・類語・言い換え

  5. ホースラディッシュの栄養基礎知識

  6. 玄人はだしの語源・由来

  7. 僥倖の意味・類語・言い換え

  8. お年玉の語源・由来

  9. 女々しいの語源・由来

  10. 師走の意味・類語・言い換え

人気記事

  1. 記入と記載と記述の違い・使い分け

  2. 積極的と自発的と能動的の違い・使い分け

  3. 妻と嫁と奥さんと女房と家内とかみさんの違い・使い分け

  4. レギュラーガソリンとハイオクの違い

  5. 震度とマグニチュードの違い

  6. 膝裏のくぼんだ部分の名前

  7. 回りと周りと廻りの違い・使い分け

TOP