しょっちゅうの語源・由来

しょっちゅうは、「初中後(しょちゅうご)」が下略化され、さらに促音化された語。
「初中後」とは中世の芸道論の言葉で、初心者から達人の域に達するまでを三段階に分けて示すものであったが、近世には「初めから終わりまでずっと」の意味に転じた。
その頃から、下略化された「初中」も使われるようになり、近代以降に「しょっちゅう」が一般に使われるようになった。
しょっちゅうを漢字で書くとすれば「初中」となる。
しかし、促音化された「しょっちゅう」が漢字で書かれることはなく、ひらがな表記のみである。

出典:語源由来辞典

今見られている記事 ランダム
  1. 塞翁が馬の語源・由来

  2. おいちょかぶの語源・由来

  3. ヌードルの語源・由来

  4. 浮き足立つの語源・由来

  5. 猫の手も借りたいの意味・類語・言い換え

  6. 山口市の語源・由来

  7. おきゃんの語源・由来

  8. 「高い」を含む故事ことわざ・慣用句・四字熟語

  9. 「モツ」と「ホルモン」の違い

  10. 山形県の語源・由来

  1. 道具の語源・由来

  2. 類義語辞典の意味・類語・言い換え

  3. 月の語源・由来

  4. 発破をかけるの意味・類語・言い換え

  5. 「うなじ」「襟足」「首筋」の違い

  6. 釣瓶鮨の語源・由来

  7. 目(瞳)の色が違うと色の見え方も違うのか

  8. 圧巻の語源・由来

  9. 「伯母」「叔母」「小母」の違い

  10. バイキング料理の語源・由来

人気記事

  1. ハンドルネームの語源・由来

  2. かるたの語源・由来

  3. ポインター(犬)の語源・由来

  4. 富山県の語源・由来

  5. 雪辱の語源・由来

  6. パンプキンの語源・由来

  7. 格好の語源・由来

TOP