打ち合わせの語源・由来

打ち合わせは、雅楽の演奏に由来する。
雅楽では、笙などの管楽器、琵琶などの弦楽器、太鼓などの打楽器が使われる。
それらのリズムを合わせるために、笏拍子(しゃくびょうし)などの打ち物を打って拍子を取ることを「打ち合わせ」と言った。
拍子を取ってリズムを合わせることから、打ち合わせは「物事がうまく合うようにする」の意味になった。
さらに、物事を円滑に進めるためには、前もって相談することも必要であるため、打ち合わせは「事前の話し合い」を意味するようになった。

出典:語源由来辞典

TOP